洋服について

ここ数年はプチプラと呼ばれるお手頃価格のショップが定番になりました。昔のようにシャツ1枚に数万円もかけるような時代から上手く手持ちの服を着まわしたり足し算と引き算をしながら洋服を楽しむ価値観へと変わっています。特に女性のファッションは1年ごと、半年ごとに変化してしまうのでそれに合わせて洋服を買い替えるのも金銭的に厳しい。お金がない時代だからこそ賢く洋服を着こなすのも大切なことです。それにたくさん洋服を持っていてもすべて着用するわけではなく必ずクローゼットで眠ったままの洋服というのは想像以上に多いのです。収納も難しくなってしまう多くの洋服はそのうち捨てられるか人に譲るかの選択を迫られますがそういった手間を考えてあえて手持ちの服は数着までと決めている女性も最近は多くなりました。たった数着程度の洋服であればちょっと質の良い服を選んだり小物に予算を使えるのでとても賢い買い物の方法ですね。プチプラでその年の流行を楽しむか高品質な洋服を長年愛用するかによっても洋服の見方は違ってきます。ただ年齢相応という言葉もある通り年を重ねるごとに安っぽい使い捨てのような洋服を着るわけにもいかない、といった場面に遭遇する事も多くなります。洋服は年齢に合わせても買い替えたり足していかないといけないようです。