賃貸ワンルームを解約するときの立会の方にしゃべり積み重ねる奥様にイラっとしました

私の奥さんは、昔から以外人間との開きが異常にくらい、住居訪問に来た教員にこの世話をし続けたり、我々や姉の気の知れた友人に機構銃のように話しかけ、気の知れた友人を失いかけたこともありました。その度に相当イライラして、奥さんに警戒もしたのですが、マガジン人間は悪いことをした自覚が無く、全く聞き入れません。ですが、私も大人間になり、結婚して離れて暮らしていたこともあり、少し冷静になってきて、別に悪いことをやるわけでもないかと思えるようになってきていました。
事情があって、昨今年の11ヶ月から数ヶ1ヶ月日にち、奥さんが私の家の近くに賃貸ワンルームを借りていました。奥さんはもう70価格なので、借り入れる時も解約する時も各種依頼をほぼ我々がしており、解消ときの立会にも同席しました。立会の結果来られた男性は、とても愛想が可愛らしく、話し上手な方でした。その方が奥さんに話しかけた段階から、不愉快眼識がしましたが、やっぱり、奥さんはずっと語りっぱなしで、もう立ち寄りません。肝要を返す時も、我々が引き取りた解消ときの精算賃金を数えていらっしゃる時でさえ、話しかけ積み重ねるのです。明らかにお本職のブロックになっているし、我々が精一杯サインを送ったのですが、見抜く様子はみじんもなく…。広間を確認されている時に、その方を追っ掛けて話を積み重ねる奥さんに、心底イラっとしました。お仕事をしながら、逐一奥さんの問い掛けにリアクションをやるその方に、ゴメンナサイやら、やましいやらでつくづく嫌になりました。
やっぱり、奥さんのあの機構銃トークを許せるお天道様は来なさそうです。
http://xn--n9j5hzbua6ba0174cs6g8m7arof2tlht7cpj2e.net/

放棄を恐れるな。こういう言葉の目方を知ったコミックで人生のキッカケが訪れた

俺が強く影響を受けたマンガとして紹介する作は、福本伸行先生作品、「天-天和通りの快男児」だ。麻雀マンガマガジン「近代麻雀ゴールド」で連載されていた、麻雀マンガで、麻雀マンガとしても魅力の高い作ですが、俺がとても感動したのは、麻雀シーンではない所です。

こういう作のラスト、大方人間の最初人間です赤木しげるは、アルツハイマーに加わり、「自分」というものを深く意識して生きていた彼は、経験がなくなる結果自分がなくなる前に自殺始める、ということをかつての支援や、戦ったあちらを呼び寄せ、最初人間最初人間に話します。自殺など講じるなと説得する者もいれば、同じくきつい疾患を患い、自分にも死が間近いと告白する者もいました。

そのの場合の最初人間、井川ひろゆきは、最初は自殺を押えるために説得をしようと思っていましたが、最初のワンポイントがの場合々言いだせずにいました。それを見た赤木は、ひろゆきの現状を見抜きます。命が煙ってある、真っ直ぐ生きていない、立ち止まって要る、と。それは実績でした。彼も麻雀打ちとして生きていましたが、赤木しげるや、こういう作の中心人間パブリック、天貴史などの強さの方面には届かないことを悟り、マッチ師ではなく、サラリーマンとして、死んだように生きていました。そのひろゆきに掛けた赤木しげるの言葉があまりにもあたたかく、たくましく、そして読んでいた俺をとても熱気させました。

「当たりを目差すな、と言ってるんじゃない。その正誤にとらわれ、思い煩い、止まってしまう所作。高温を失ってしまう所作。これが悪い。こっちの方がマズイ。宜しいじゃないか…!三流で…!熱い三流なら完璧よ…!まるで構わない。構わない話です。だから、恐れるな。増やす…!負け戦を恐れるな…!」

こういう赤木の言葉はごく一部ですが、彼のいう「負け戦を恐れるな」の重みは、世間でよく仰るそれとは状況が違う。勿論誰だって当たりはしたいだ。しかし彼はこうも言う。「それはアクセサリーです」と。当たりは人間生のアクセサリー。ただやる事、その高温、実行そのものが、通じるってことなのだと。こういう言葉が、どれだけ俺を勇気付けたでしょう。そして、今でも立ち止まった時は、彼の言葉が前に進むための誘因になっています。http://xn--fdkeh8m.biz/

メガネで老眼を強める事が果たして出来るのだろうか?

私はずっと視力が素晴らしく、の場合教え子の頃は両目とも2.0でした。
そして、年齢とともに徐々に視力は落ちていきました。50才を過ぎた今ではすっかり老眼だ。
それでも30代までは右側1.0、左手1.2を保っていましたが、40お代になって右側0.7、左手1.0になり、今では右側0.5、左手0.7だ。
現在、老眼鏡をかけずに何とか新聞紙も読めるしマイカーの操作もメガネ無しだ。

目下、うれしい媒体を見つけました。「100円メガネで視力は回復する!! 」という見出しだ。
昔から遠くの緑をぼんやりと眺めると眼の疲弊に効くと言われています。これとおんなじ効能を100円メガネで貰えるというのです。
用意するものは、100円ところで売られている「+2たびの老眼鏡」だけだ。
100円メガネをかけてピントがあっていない現状で1メートル以上場所をぼーっと眺めれば良いのです。しかも、ワンデイ1回5分だ。
ポスターを1メートル~3メートル先に貼ってぼんやりとした視野で見たり、窓の外の印象をピントがあっていない現状でぼーっと眺めて下さい。

老眼が癒えるとは思っていませんが、眼の筋肉を鍛えてピントを調節する力をつけたいと思います。
視野がクリアになって、眼の疲れがとれます。もしかしたら視力も少し素晴らしくなるかもしれません。

端末やスマホで眼がお疲弊の人は多いと思います。老眼では乏しい人もこれは心がける利益があるのではないでしょうか。
私も、これ以上老眼がもたつくように眼を鍛えて、退化と戦っていこうと思います。
http://xn--n8j2od0bh2lzb7470c25qdn5bk17f.net/

洋服について

ここ数年はプチプラと呼ばれるお手頃価格のショップが定番になりました。昔のようにシャツ1枚に数万円もかけるような時代から上手く手持ちの服を着まわしたり足し算と引き算をしながら洋服を楽しむ価値観へと変わっています。特に女性のファッションは1年ごと、半年ごとに変化してしまうのでそれに合わせて洋服を買い替えるのも金銭的に厳しい。お金がない時代だからこそ賢く洋服を着こなすのも大切なことです。それにたくさん洋服を持っていてもすべて着用するわけではなく必ずクローゼットで眠ったままの洋服というのは想像以上に多いのです。収納も難しくなってしまう多くの洋服はそのうち捨てられるか人に譲るかの選択を迫られますがそういった手間を考えてあえて手持ちの服は数着までと決めている女性も最近は多くなりました。たった数着程度の洋服であればちょっと質の良い服を選んだり小物に予算を使えるのでとても賢い買い物の方法ですね。プチプラでその年の流行を楽しむか高品質な洋服を長年愛用するかによっても洋服の見方は違ってきます。ただ年齢相応という言葉もある通り年を重ねるごとに安っぽい使い捨てのような洋服を着るわけにもいかない、といった場面に遭遇する事も多くなります。洋服は年齢に合わせても買い替えたり足していかないといけないようです。